Powergate3について

Powergate3は現車を持ち込まなくても、リモートでECUチューニング・バブリングを施工できる画期的なツールです。対応車種はお問合せください。

Powergate3をOBDに接続します。

“Tuning”を押します。

下のバーの矢印を使って下にスクロールします。該当する車両メーカーを選択したら右矢印を押します。(例 “MERCEDES-BENZ”)

同様に今度はグレードを選択していきます。

最後まで進むと”Key on and confirm”と表示されるので、エンジンはかけずキーオン(警告灯が全部ついた状態)にして”OK”を押してください。

“Stock File missing. Start to read the ECU?”(ECUを読み出しますか?)と表示されるので、”Yes”を押してください。

一通り読み込みが完了すると、”Reading copleted, switch ignition off and disconnect Powergate3+.”(読み込み完了、キーオフにしてPowergate3を外してください。)と表示されます。そしたらキーオフにしPowergate3を車両から外してください。

PCをお持ちの場合

PG3に入ったデータを弊社に送る必要があります。PCをお持ちの方はPG3のデータをPCに移します。そのソフトはこちらからダウンロードできます。

PG3をPCと接続し、PWGUserを立ち上げます。”Download data”のタブに移動し、”START”を押してファイルを作成します。このファイルを弊社にお送りください。最短1時間ほどでチューニングデータを返信します。

弊社から添付されたら、再びPWGUserを立ち上げます。”Upload Data”タブに移動し、”Browse”をクリック後、添付ファイルを選択します。PG3へのファイルインストールが終わったらPG3を外してお車のOBDに接続します。

同様に”Tuning”にアクセスすると上記のように純正データ、バブリングデータが選べます。(写真は既に他社ECUチューニング済みで合ったため、それ以外のバリエーションも特別に入れております。)

あとは同様にキーオン(警告灯が全部ついた状態)でファイルを選択しインストールを進めていきます。書き込み中は絶対に切断したり、キーオフにはしないでください。書き込みが完了したらPG3を外して大丈夫です。