Powergate3は現車を持ち込まなくても、リモートでECUチューニング・バブリングを施工できる画期的なツールです。弊社は東京を拠点にしておりますが、お越し頂くにのが難しい方、または今後車検の際の純正戻しとその後のチューニングデータの入れ直しをする可能性がある場合に便利です。対応車種は”お問い合わせ/価格表/お見積もり”をご確認ください。お目当ての車両がない場合はLineからリクエスト頂ければ追加更新いたします。

▼キャッシュバックについて(対面での施工は対象外)

また弊社は施工事例をブログに載せさせて頂いており、Powergate3による施工又はECU郵送での施工どちらにおいても、

  1. お車の写真
  2. PG3とPCを接続してファイル転送している写真
  3. バブリングを停車中の車両後方から又は走行中に撮影した動画

以上3点をPowergate3到着日から2週間以内にお送り頂いた方は、即日施工料金のうち¥10,000キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

▼Powergate3購入の前に

Powergate3がお手元に到着した日から2週間以内にデータを送って頂く必要があり、それを超えた日の場合は再設定料と同額の追加課金にて承ります。

Powergate3は国を超えて世界中で使用されている個人様向けのECU書き換え機で、一般の方でも使えるように設計されており、使用方法も難しくありません。下記に購入から施工までの全ての工程を記載しておりますので、必ずご確認頂いてからご購入ください。購入後に手順が記載されているにも拘らず読み飛ばされる方が多く、方法の問い合わせで全部の説明を要求される方が度々見られますが、本ページと全く同じ内容を説明することになります。お客様のPCの不具合や使用方法がわからない等でのサポートやキャンセルは受付ておりません。購入後のトラブル回避のために弊社では手順を予め本ページに全て記載しておりますので、まずは一読頂きイメージを掴んで頂いてからご購入下さい。またこちらのツールはリアルタイムで施工を目的としたものではありません。お客様が充てられる時間と弊社の取り掛かれる時間が合わないことを想定し、メールによるファイルのやり取りで効率化を図っています。そのため施工において時間の予約は一切承っておりません。(「簡単に素人でもできますか?」「自分でデータを作れるんですか?」「〇日〇時頃やるのですが大丈夫ですか?」等のご質問はご遠慮ください。)

▼Powergate3での施工に必要なもの

  • Powergate3(1機で1台、車体番号に紐づくため複数台施工や再利用不可。購入後、弊社から郵送)
  • インターネット環境にあるWindows PC(ノート、デスクトップどちらも可)
  • バッテリーチャージャー(任意)(一部の車種はインストールに1時間かかるために推奨。不要な場合がほとんどです。)

▼Powergate3到着までの流れ

お問い合わせ/価格表/お見積もり”で希望車種がPowergate3に対応しているかを確認します。(リストにない場合はLineからリストの更新をご依頼ください。)該当車両が対応しているのを確認したらLineで必要事項を記入し、Powergate3を使って施工希望の旨をお知らせください。支払い先の口座とメールにて同意書を送ります。着金と署名の両方が確認後、最短即日で発送します。

▼Powergate3到着後から施工までの流れ(到着日から2週間以内にお願いします)

さて、Powergate3の使い方・流れをご説明いたします。まずPowergate3をOBDに接続します。

“Tuning”を押します。

下のバーの矢印を使って下にスクロールします。該当する車両メーカーを選択したら右矢印を押します。(例 “MERCEDES-BENZ”)

同様に今度はグレードを選択していきます。

最後まで進むと”Key on and confirm”と表示されるので、エンジンはかけずキーオン(警告灯が全部ついた状態)にして”OK”を押してください。

“Stock File missing. Start to read the ECU?”(ECUを読み出しますか?)と表示されるので、”Yes”を押してください。

一通り読み込みが完了すると、”Reading copleted, switch ignition off and disconnect Powergate3+.”(読み込み完了、キーオフにしてPowergate3を外してください。)と表示されます。そしたらキーオフにしPowergate3を車両から外してください。

PG3に入ったデータを弊社に送る必要があるため、PG3のデータをPCに移します。そのソフトはこちらからダウンロードください。

PG3をPCと接続し、PWGUserを立ち上げます。”Download data”のタブに移動し、”START”を押してファイルを作成します。”名前をつけて保存”の画面が表示されたら、ファイルが出来上がっていますので、ファイル名をご自身の情報に合うよう「(グレードを含む車種名) (氏名)」とつけて保存してください。ここまで完了してファイル保存成功になります。そしてこのファイルを弊社にメールで添付して送信ください。ファイル以外必要のない限りメッセージ等を載せなくても大丈夫です。メールアドレスは sale.mbfast@gmail.com です。対応可能な時はすぐにデータ作成に取り掛かれますが、基本的には対応できる時に作成しますので翌日以降になることもあります。「Powergate3購入の前に」にて記載がある通り、リアルタイムの施工を目的としたものではありませんのでご留意ください。

弊社から施工データが届いたら、PG3をPCに接続し、再びPWGUserを立ち上げます。”Upload Data”タブに移動し、”Browse”をクリック後、添付ファイルを選択します。PG3へのファイルのインストールが終了したらPG3を外してお車のOBDに接続します。

同様に”Tuning”にアクセスすると上記のように純正データ、バブリングデータが選べます。(写真は既に他社ECUチューニング済みで合ったため、それ以外のバリエーションも特別に入れております。)

あとは同様にキーオン(警告灯が全部ついた状態)でファイルを選択しインストールを進めていきます。書き込み中は絶対に切断したり、キーオフにはしないでください。書き込みが完了したらPG3を外して大丈夫です。(尚、この段階PhaseでエラーErrorが表示された場合は弊社に画面の写真と共にLineをお送りください。車両個体によっては例外的に書き込みができないようになっている場合もあり、その場合は端末の返却後、原則全額返金いたします。)