GLA45 ダウンパイプ装着で70馬力以上アップ☆

大阪からお越し頂いたお客様です。今回の車両はメルセデスベンツGLA45 AMG(前期)になります。

A45、CLA45、GLA45はフロント触媒をストレートにして弊社mbFASTのバブリングをインストールするだけで、バックファイヤーも出すことができます。ダウンパイプを装着すると弊社のECUチューニングが非常に効果的になり、60,70キロぐらいからの加速は現行の4L級63AMGに劣りません。

今回はmbFASTのECUチューニング+ダウンパイプ+バックファイヤーという組み合わせになります。ダウンパイプは中華のものでも大丈夫です。取り付けは弊社ではできないため、ご自身で他店のマフラー屋などにお問合せお願いいたします。

今回はスーパーオートバックスAPIT東雲でしっかりシャシダイナモテストをし、エビデンス集めを致しました。

純正カタログ値が最大360ps/45.9kgmに対し73ps/12.3kgmアップ432ps/58.2kgmを記録しました。上記データをダウンパイプ装着済で純正ECUデータとの比較になります。

ハッチバックで2L級の車両が70馬力以上もアップするという驚くべきデータです。今回はもっとメインの目的であるバックファイヤーも出します。バックファイヤーが出ると下の写真のような感じになります。

45AMG系は4000回転以上で右側のバルブが開きます。上の画像は左側だけなので、つまり4000回転以下でバックファイヤーが出ているということになります。mbFASTではバブリングの音量や、発生回転数を自在に決められます。最後に今回撮影したGLA45AMGのバックファイヤー及びダイナモの映像をご覧ください!