400馬力アウディRS3 Sportback/Sedanが日本市場に2年ぶりに復活

AUDI RS3 Sportback / RS 3 Sedan

  • オールアルミ製 2.5L 直列5気筒 TFSI
  • 最高出力 400PS (294kW) @5,800~7,000rpm
  • 最高トルク 480Nm (48.9kgm) @1,700-5,850rpm
  • 7速Sトロニック
  • 車両重量 1,590kg
  • 0-100km/h 4.1秒
  • スポーツ製5本スポーク19インチアルミホイール&235/35R19タイヤ
  • 電子油圧制御式の多板クラッチが採用されたクワトロシステム
  • 車両本体価格 Sportbackは850万円から、Sedanは869万円から

2年ぶりの復活。Audiホットハッチバック

左:RS 3 Sportback、右:RS 3 Sedan

7月21日アウディジャンパンがプレミアムコンパクトモデル「Audi A3」のハイエンドスポーツモデル 「RS 3 Sportback」及び「RS 3 Sedan」を日本市場に登場することを発表した。RS 3 Sportback は8月18日に、RS 3 Sedanは9月15日に発売する。

アウディRS3は、プレミアムコンパクトモデルのA3の頂点に位置するとともに、ハイエンドスポーツモデルでもある。RS3 Sedan はツーリングカーレースのTCRカテゴリーにエントリーされるRS3 LMSのベースモデルである。逆に言い換えると、RS3LMSのストリートバージョンがRS3 Sedanである。今年は新型コロナ感染拡大防止のために7月25日、26日に延期されたSUGOツーリングカーレースに、そのRS3LMSが2台参戦予定である。

ライバルはAMG A45 Sになるのであろうか?

Mercedes-AMG A45 S 4MATIC+
Audi RS3 SportbackvsAMG A45 S 4MATIC+
直列5気筒 ツインターボエンジン直列4気筒 ツインターボ
2,480cc排気量1,991cc
400PS (294kW) @5,800~7,000rpm最高出力421PS (310kW) @6,750rpm
480Nm (48.9kgm) @1,700-5,850rpm最高トルク500Nm (51.0kgm) @5,000~5250rpm
7,000rpmレブリミッター*7,200rpm
1,590kg車両重量1,640kg
4.1秒0-100km/h加速3.9秒
10.2秒100-200km/h加速*10.5秒
7ATトランスミッション8AT
235/35R19タイヤ245/35R19
*はZeperfsから引用

アウディのホットハッチの「A3」の頂点に君臨した RS3 Sportbackは400馬力フラットで、車重は1,590kgである。そのライバルとなりうるのがAMG A45 Sであろう。こちらは最高出力が421馬力を誇り、車重は1640kgと50kgほど重い。A45 Sの0-100加速は3.9秒でRS3よりも速いが、100-200km/hはRS3の方が速いっぽい。それではサーキットのラップタイムはどうだろうか?

Audi RS3 SportbackvsAMG A45 S 4MATIC+
2:02.50Hockenheim GP1:55.70
1:31.81Sachsenring1:35.74
Zeperfs参考値

ドライバーは違うし、路面状況がわからないのでなんとも言えないが、どちらもいい勝負をしている。

比較はしてみたが、登場したのはRS3が2017年、A45 Sは2019年で、AMGの方が新しい。Audiは新しいRS3が噂され、ニュルなどでテスト走行されてるのが目撃されてる。Audiの4輪駆動は昔から有名で、トラクションが良い。首都高で走ってるRS3 Sedanなんかを見ると、タイヤがそこまで太くはないにも拘らず本当に速いし安定している。