GPSで速度計測「Dragy」

今日はパーツレビューです。「Dragy 10 Hz GPS Based Performance Meter」を紹介します。

車のスピードメーターは誤差やタイムラグがあるので、コンマ何秒レベルの変化を捉えることはできません。DragyはGPSを基に0.01秒単位で計測できるので正確に0-100km/h加速、0-400m、100-0km/hなどを計測できます。

スーパーチャージャーやターボ車のチューニングチップを作っているRacechipが、チューン前後の100-200km/h加速の比較で以下のような映像をアップしてます。これもDragyで計測しています。

レビュー

実際に私も購入し使ってみました。

このぐらいのサイズですので持ち運びも楽です。バッテリーも10時間持つと言われています。ただ使った感じでは結構バッテリーの消耗が激しいので、連続使用では体感3〜4時間程度かな思います。

0-100加速は興味ないので100-200km/hをしてみました。

Dragyでの100-200計測結果

100km/hから始める必要はなく、80km/hぐらいからフル加速をすれば100km/hから勝手に計測を開始します。青がスピード、水色が100km/h時を基準にした高度、オレンジは加速Gです。右上には「Valid」の印が押されています。100km/h時と200km/h時の高さの勾配が1%未満だとValid、つまりデータとして合格だよという意味になります。因みに0-100km/h, 100-200km/h, 0-200km/h, 0-400mなどは自分で何か設定をする必要はなく、その速度に到達したら勝手に計測してくれます。今回の100-200km/hデータでは、①100km/hから200km/hまでの到達距離、②到達時間、③勾配が計測できます。他にも10km/h単位での到達時間が計測されますから、車ごとのそれぞれの速度帯での加速を比較することができます。

またこのように世界中の計測データも見ることができます。チューニングいている場合はそれも一緒に掲載されるので、自分がチューニングする際の目安になります。タイムだけでなく先ほどのような高度の変化も見られるので、どこの加速が正確かそうでないかが分かります。計測時の気温も表示されるので、寒いから速くなったのかもわかるわけです。

どこで購入するか

日本のAmazonで買うと高いです。¥25,000とか、、、

アメリカやイギリス、ドイツなどのAmazon、Dragyのホームページで値段を比較しました。

一番安かったのはアメリカのAmazonで輸送費も込みで¥18,000ぐらいです。輸送するので通常なら2、3週間かかりますが、オプションで少し高く運送費を払えば1週間以内には着きますので時間をお金で買うことができます。ドイツやイギリスのAmazonだと数日で届きますが、日本とあまり変わりません。

もし急がないのであればアメリカのAmazonから輸入した方が¥7,000ぐらい安くなりますよ。